デザイン性と機能性で家族の願いを叶える家

店舗併用

自宅の一部を店舗にする

SHOP

FEATURE

店舗と自宅の境界線は
設計力でカバーできる

●自営業者の場合、外に仕事場を持つよりも店舗兼住宅にする方がコストが抑えられます。
●店舗と自宅をしっかり区切ることも、ゆるやかにつなげることも可能。
●誰もが持っている店舗兼住宅のイメージを、いい意味でジューケンの設計デザインが塗り替えます。

*
*

美容室も家族の空間も1階にある

店も家族の時間も大切。
ふたつの役割をひとつの家で叶える。
ポイントは、デザインにある。

*

入口と駐車場は、家族用と店用それぞれに

敷地が50坪以下であっても、入口と駐車場をそれぞれ確保。
「店舗兼住宅だから敷地は広くないと」という思い込みは外そう。

TOPへ戻る