BLOG

三軒家チーフのサービスを超える可能性

2016年09月14日(水) 社長ブログ

 

夏の猛暑時はお休みしてましたが、朝ウォーキングを9月より再開しました

 

thumb_img_1820_1024

季節の変わり目を楽しませて頂いてたりしております!!(日曜日は良い天気でした

 

 

そんな晴天時に、次号「広島・岡山で建てる注文住宅」の撮影で皆賀の家へお邪魔させて頂きました!

thumb_img_1863_1024

 

 

皆賀の家は5区画で構成されるミニ団地で偶然ですが、そのうちの2邸をジューケンで建てさせて頂きました!

 

 

特に、この2邸に共通することは、五区画中の四番目と五番目に購入されたこともありまして。。。

 

thumb_IMG_3093_1024

 

 

可也、複雑な形状の敷地が残っている訳で、購入に踏み切るのに、勇気のいる物件だったと思います

 

thumb_IMG_3102_1024

 

 

 

しかし、蓋を開けてみますと、最も素敵な2邸だと。。。

 

 

thumb_img_1811_1024

多くの方が感じて下さると信じてます!! ^_^;

 

 

さて今回、取材させて頂いたE様とは、昨年の年末にご縁を頂きましたが

thumb_IMG_4173_1024

 

 

この敷地からのロケーションをみて、「ここに住みたい!」と即決されたそうです!

 

thumb_IMG_3091_1024

 

E様の家づくりのポイントは、この高台からの特権ともいうべきロケーションを生かしながら

 

 

1階を主たる生活ゾーンとして生かし切るための、この家に囲まれた南方向からの採光を如何に攻略するかがポイントでした!

 

thumb_IMG_4177_1024

プライバシーを守り、現状の高いコンクリートの塀を生かしつつ。。。 中庭という選択肢にたどり着きました!

 

 

そして、ロケーションはというと、2階からではなく、1階にほど近い1.5階にリビングを置き、そこの横にテラスをつなげて

 

thumb_img_1843_1024

そちらからロケーションを楽しめるようにして、その1.5階のリビングから、先ほどの中庭までをすり鉢形状をイメージして

 

thumb_img_1806_1024

滑らかに繋がるような立体的なLDK空間を創らせて頂きました!

 

thumb_img_1807_1024

E様には、とても喜んで頂くことができ、本当に素敵な家だなあ〜と上々な気分に浸らせて頂いた取材タイムでした!

 

 

 

さて、今回は、久しぶりにお隣のS様の家にもリクルートさんとお邪魔させて頂きました!

thumb_img_1860_1024

 

早いもので、お引渡しからもう2年を過ぎたことになりますが、このS様は御主人を中心に

 

thumb_img_1865_1024

 

DIYや家庭菜園、写真、毎週テラスでのバーベキュー等、子供さんに、とても良い影響を与えられてます。。。

thumb_img_1872_1024

 

本当に素敵な生活を送られていて、言葉を失うくらいに上質な空気が漂っていました!

 

 

折角、建てた注文住宅を、最高に堪能されている姿は、本当に頷けるものがあり

 

 

兎に角、家時間。。。 家で飲むビールの量が増えたそうです(笑)

 

thumb_img_1880_1024

とはいえ、一家の団結力は最高潮。。。 本当に素敵な家って大事だなあと想いました!

 

 

 

さて、E様の家のお話に戻らせて頂きますが。。。

thumb_img_1932_1024

 

 

E様の家づくりの初頭で私的に、ここまで言うべきではなかったかな。。。 と思うくらい、思ったことを述べさせて頂いたことがありました

 

 

その時のことをE様は、今でも、あの時、私が言ったことが本当に納得できて、家づくりの本質に気付けて

 

thumb_img_1930_1024

本当に有難かったと、仰って頂きました。。。

 

 

本当に、恐縮な気持ちで一杯でしたが、 思い切って素直な気持ちを伝えさせて頂いたこと。。。 本当に良かったと思えています

 

 

デザインに拘った家を検討していく中で、とても気をつけないと一生後悔する家づくりになってしまうポイントが何点もありまして。。。

 

 

そのうちの一つに、デザインを優先しすぎた、カタチに意味が通っていないデザイン住宅のあり方です。

所謂「埃を被ったデザイン」が生まれやすくなってしまうのですね

 

 

もちろん、これはデザイン住宅のみならず、洋風や和風の家や和洋折衷の通常の注文住宅でも、はびこっていると言っても過言でありません。

 

 

例えば、ここにある窓の位置や大きさや配置されている床からの高さ等を一つ取っても、すべて明確に言い切れるような設計士や住宅営業でないと

 

thumb_img_1786_1024

 

一事が万事ということで、すべては曖昧な思考で作られた家づくりと言っても過言ではないかもしれません

 

「曖昧な思考からは曖昧な結果しか生まれない。。。」   ある格言ですが、本当にその通りだと想います。

 

 

特に、敷地が一筋縄では行かないような形状の中で、勝負するときは尚更だと想うのは、私だけでしょうか??(苦笑)

 

 

現在、好評中のTVドラマ「家売るオンナ」で北川景子さん演ずる三軒家チーフ(通称:サンチー)が言ってることは本当に大切な事ばかりですね

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

(明日、いよいよ最終回ですね)

 

でも、サンチーが行っているサービスは、全てが既存物件の仲介業をされる中での可能性で

 

 

今から、全てを創造できる注文住宅を選択できる境遇ならば、本当はサンチーが行う感動サービス以上のものが手に入る筈なのですよね

 

私たちがE様やS様にサンチーを超えるサービスが出来たかどうかはわかりませんが

 

 

サンチー以上の素敵な可能性を提案出来るようなジューケンでありたいと真剣に想います(笑)

 

 

E様、昨日は強行軍の中、本当に有難うございました!

thumb_img_1902_1024

 

素敵なお話が沢山聴けて、本当に楽しかったです!

 

 

E様が、勝ち得た、この家で、素敵な生活を存分に楽しんで下さいませ!

 

thumb_img_1887_1024

E様、そして、S様、これからも末長く、宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

 

「社長ブログ」の新着記事

TOPへ戻る