BLOG

本物感のある”カッコいいテイスト”の家づくりを考える

2017年03月15日(水) 社長ブログ

桂くんのブログにもありましたが、先週土曜日に府中町の家の祝・上棟をさせて頂きました

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58b9

お施主様のM様ご家族です!(お揃いのTシャツが可愛いですね

 

 

棟梁は三島大工さん

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58a1

 

現場監督は桂くんと

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_587c

 

 

この二人を中心とした、建築工事が繰り広げられます

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_585f

 

 

 

 

M様の家は正面の道路向かいにフォレスト感漂う「小山」があるのが特徴的ですが

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56e5

 

その小山を背景に約10畳の中庭を確保しました

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58b1

 

この下のパースの青空の部分に小山の緑が加勢する、彫りの深い素敵な中庭になると想います

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_59de

さて、ここで「彫りの深い」という表現を出させて頂いたのですが

 

 

以前、こんな感じのジャングルのような緑地帯に隣接した敷地を購入されて

 

_MG_8595s

夢であった、バリリゾート感の漂う、家を実現されたのですが

 

_MG_8818s

まさに「彫りの深い」本物感の漂う素敵な空間が漂っていました

 

 

M様の家は、バリテイストではなく、カッコいいテイストの家づくりですが

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_59c7

 

このカッコいいテイストの空間を如何に本物に近づけれるか。。。

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_59ca

 

ここに向かって、M様と共に本当に拘り続けてきた気がします

 

 

例えば、上空から見たときに屋根の色を、黒とシルバーの屋根色にあえて分けているのがわかります

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_59e4

 

屋根の色がなんで関係あるの??? というところですが、こういった、屋根先端部の金物のラインが

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5894

外観上とても大切なシャープさとして加勢していき、黒いデザインをよりカッコよく

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5885

白いデザインをより爽やかに。。。

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_59df

 

はい、洗練された空気感を創り出す為の「秘訣達」なのですね!

こういった考え方って、家づくりをする上で普通、考えが及びにくい「最後尾(プラスα)」の部分だと想いがちですが

 

 

例えば、この屋根の断熱・遮熱・防音性能。。。といった性能部分が、安心を極めていることがないと

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5867

 

屋根材は本当は何がいいのか???  その屋根材の下地材は何がいいのか???

 

 

ならば、その材を使って、最高の環境を創り出す工法ってどんな可能性があるんだろうか???

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58ab

 

等の研究に特化せざる得なくなってしまい、他への可能性の機会損失や、

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_588e

 

初めての研究領域での結果環境に祈るしかないような家づくりになってしまうのです

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_588d

なので、私たちは、この性能品質を高める標準仕様を日々、日々磨いて行き

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58cc

 

常に、お施主様の快適に対する安心を得た上で、自分達が求めたかった拘りへの探求を十二分に行える。。。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58d6

 

そんな家づくり環境を創出したいと考えています

 

 

 

M様、昨日は上棟おめでとうございました!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58d1

 

良いお天気の中、素敵な家に向かえているコトが感じれるような

 

 

 

本当に素敵な上棟日でしたね

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58bf

 

これからのプロセスに、乞うご期待くださいませ!!

 

 

 

「社長ブログ」の新着記事

TOPへ戻る