BLOG

想い出深い。。。 呉市広の建築

2016年07月02日(土) 社長ブログ

早いもので、今日から7月。。。    とても、暑い1日でしたね〜

 

 

この晴天の中、呉市焼山にて設計依頼を頂きましたK様の敷地視察に行ってまいりました!🚙

 

thumb_IMG_9648_1024

こちらの敷地は、とても利便性が良い中ですが、坂道に面していて、

 

 

 

周囲の家が少し高い位置から見下ろせることと、周囲の坂道から、少し見下ろせる立地形状です

 

thumb_IMG_9653_1024

どんな敷地特性においても、どんな長所を見れて、どんな短所を見れるかで家のプランは本当に180度変わってきますので

 

 

この敷地視察ということは、私自身、本当に大切なことだと考えています。

thumb_IMG_9654_1024

 

この敷地でしか建てれない素敵な家を頑張って考えるぞっ!! と、ハイテンションになれた一時でした!!

 

 

K様、こうご期待下さいませ!!

 

 

さて、その後、現在、着工前の呉市川尻町の家の確認申請の件で、呉市広にある東消防署に行ってきました。

 

thumb_IMG_9717_1024

 

話はかなり変わって恐縮なのですが、私にとって、この消防署は本当に懐かしい想い出があります✨

 

 

前職の設計事務所時代の最後の仕事で、この消防署の裏手にそびえる、某病院の設計業務に携わらせて頂いてまして😅

 

thumb_IMG_9619_1024

 

思えば20年前の事ですので、クレアライン等もない下道オンリーの時代に広大な病院の敷地の調査や消防署への申請業務など、何回も何回も通わせて頂いたものでした🚙

 

 

当時の私の上司は、私よりも30位上の熟練の方で、広島の多くの。。。いや殆どの大規模病院建築を建てられたTHE・巨匠のような建築家でした。💪

 

 

反面、とてつもなく厳しい方だったので、日々、ビクビクしながら仕事をするのがとても辛い時代でもありました。。。(想い出って、何故か辛かったことが大半ですよね・苦笑)

 

 

しかし、今想えば、この厳しく辛い時期があってこその今があると言っても、過言ではなく。。。

 

当時の何万平方メートルという建築設計も、今携わらせて頂いている様な百数十平方メートルという家づくりも同じように淡々と設計をされる上司の姿勢に、とても刺激を感じたものでした🔥

 

thumb_IMG_9612_1024

今日は20年も前に携わらせて頂いた、建築を少し散歩させて頂き、タイムトリップしたような有難い一時を頂きました。✨

 

 

thumb_IMG_9624_1024

その後、もう直ぐ着工の川尻の家の敷地を眺めて、帰広させて頂きましたが

 

 

 

私自身、この20年で、どれだけ成長したんだろう。。。???

 

thumb_IMG_9621_1024

 

と自問自答しつつ、何だか初心に帰れたような。。。良いひと時でした!

 

 

今日から7月、一年間の折り返し地点です!!🏁

 

 

明日からの週末も有難く、沢山の方の設計打合せをさせて頂く予定ですが

 

 

上原さんや藤原さんが書いてくれる図面を見ながら、とても良い家ばかりだな〜 と、とても楽しみな想いで一杯です

 

 

皆様、どうぞ宜しくお願い致します!^ ^

 

 

 

 

「社長ブログ」の新着記事

TOPへ戻る