BLOG

15坪の敷地に建つ、間口3.1mの狭小住宅の ”最幸” をつくる

2018年02月04日(日) 社長ブログ

早いもので、2月に突入しちゃいましたねー

 

今年は寒い日が続いて、風邪も流行ってますので体調管理、気をつけて行きたいですね!!

 

 

 

さて現在、広島市東区にて敷地15坪の上に建築中のO様の家!

 

 

狭小住宅ですがスキップフロアを駆使し、O様のご要望を満たした素敵な家が出来上がりました!

 

 

こちらは最上階の多目的スペースですが、昇降式の室内干しポールが3竿干せるサンルームでもあり。。。

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7f4f

懸垂が出来る鉄棒や、綱登り出来るスポーツジムっぽい多目的なゾーンが出来上がりました

 

 

 

家づくりも佳境を迎え、先日は完成前のJ検(社内検査)をさせて頂きました!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7f53

 

綺麗に出来てる様な現場でも、ジューケンの検査では

 

 

ck項目が常に100項目以上ビッシリ上がって来るものですので

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7f59

実際に手直ししていく現場監督さんの心境は大変なものだと察しますが、そこを肯定的に笑顔でckしあえる

 

 

この現場風は、ジューケンの家づくりの最も誇れる幸せづくり。。。

 

 

まさに「最幸」づくりだと感じます!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7f5b

 

みんな、本当にご苦労様でした!!

 

 

さてさて、その後は、現在設計中の廿日市市の敷地測量に行かせて頂きました

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7f79

 

新たなお客様とのご縁に感謝しつつ、熱い想いに向かってプランづくりに没頭させて頂いております

 

 

この寒い2月でも、テンションが上がって頂けるホットなプランを目指してスタッフ一同、頑張ってまいりまーす(笑)

「社長ブログ」の新着記事

TOPへ戻る